時差ボケの症状に悩む期間は何日?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケの症状に悩む期間は何日?

時差ボケの症状は、どれくらいの期間続くのか?それは、体調やどのくらい外国に滞在したのかによって違ってきます。

 

ですが、一般的には帰国後3日間は症状が酷くて、その後は症状が緩和していくというのが一般的です。

 

時差ボケ

 

時差ボケの症状が続く期間

 

時差ボケの症状は、帰国後3日目まで激しく出るのが一般的。その後、症状は緩和されていくのですがいつまで続くのかは個人差があります。

 

1週間〜10日間海外にいた場合、長い場合は1ヶ月以上続く方も多いようです。

 

この1ヶ月間ですが、3日経った後であれば症状は徐々に緩和されていきます。そして最後の1週間ほどはボーッとした意識状態で過ごす程度という方も多いですね。

 

と、言っても1ヶ月間というのは完全に治ったと感じられる期間です。時差ボケの症状に悩まされ無くなるのは、2週間程度という方が多いとされています。

 

特に時差ボケが酷くなるのは?

 

時差ボケが特にひどくなるのは欧州です。これは日本と比べると丁度、寝る時間と起きている時間が正反対になるからです。

 

中には全く時差ボケにならないという方もいらっしゃいますが、欧州にしばらく滞在してから日本に戻ると時差ボケの症状が強く出たり、症状が長く続いたりすることも多いので注意をしましょう。

 

終わりに

 

時差ボケの症状が出る期間をまとめると、最初の3日間は症状が強く出る。長ければ症状は1ヶ月間続く。

 

このようになります。ですが、帰国後の過ごし方などによっては症状が出る期間を短くできますよ。

関連ページ

時差ボケが帰国後に何日も……自律神経失調症かも?
時差ボケが帰国後に何日も続く。このつらい経験を何度もされている方も多いことでしょう。この時差ボケですが、場合によっては自律神経失調症の原因になることもあるようです。今回は、時差ボケと自律神経失調症の関係についてお伝えします。
時差ボケで帰国後に眠れない!アナタに教えたい3つの対策
時差ボケになると、夜に眠れませんよね。眠れないと次の日が気になってしまい、ストレスを抱え込んで翌朝を迎えるなんてこともあります。今回は、眠れないとき、何をすれば良いのかをお伝えします。
子供と海外に!時差ボケ対策は睡眠リズムの調整が効く
子供と海外に行く場合、親が子供の時差ボケ対策を考える必要があります。このとき最も重要視したいのが睡眠のリズム。今回は、子供の時差ボケ対策として睡眠リズムの調整方法をお伝えします。