時差ボケで帰国後に眠れない!アナタに教えたい3つの対策

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケで帰国後に眠れない!アナタに教えたい3つの対策

時差ボケが帰国後に起こってしまった!このような時、眠れないですよね。

 

このように眠れないとき、どうすればいいのでしょうか?

 

時差ボケ

 

帰国後の時差ボケ

 

帰国後に起こる時差ボケは、体内時計が狂って夜に眠れなくなるのが原因です。また、機内で、たくさん眠ってしまったのが原因で──と、言う方もいらっしゃいます。

 

原因はともあれ、夜に眠れない状態を何とかすることは、時差ボケ対策になります。では、時差ボケで眠れないときどのような事をすれば良いのでしょうか?

 

起きている

 

眠れないときは、無理に眠ろうとしない方がよいでしょう。無理矢理眠ろうとすると、ストレスで眠れません。

 

ですが翌日に疲れを持ちこさないようにしたいので、過度に興奮するような事は避けましょう。

 

例えば、激しいアクションシーンのあるDVDのような気持ちが昂る物は避けましょう。

 

また、ゲームやインターネット、スマホなどはブルーライトによって、脳が興奮状態になってしまいます。ですから、これらも避けた方がよいでしょう。

起きたまま横になっている

 

ベッドに横になっているだけでも疲れはとれます。

 

ただし、眠ろうと考えるとストレスになって精神的に疲れてしまいます。ですから、ベッドに横になっても寝ようとしない事が大切です。

 

開き直って気持ちを楽にすれば、副交感神経が優勢になって少しですが回復できます。

 

切り札の睡眠薬

 

時差ボケで眠れない!しかも翌日には大切な予定がある!このような場合、睡眠薬を飲むの手です。

 

なるべく飲まない方が良いのは確かです。ですが、緊急時こそ薬を使った方がよいでしょう。

 

終わりに

 

時差ボケで眠れないとき、どうすれば良いのかについてお伝えしました。

 

このような時は、無理に寝ようとしないことが最も重要です。ストレスで精神的に疲れてしまいますからね。

 

翌日に特別な用事が無いのなら、開き直ってしまった方が良いということです。

関連ページ

時差ボケの症状に悩む期間は何日?
外国に行って日本に帰ってきた場合、時差ボケになってしまうと苦しいですよね。この時差ボケの症状ですが、何日間続くのでしょうか?今回は、時差ボケの症状が消えるまでの期間についてお伝えします。
時差ボケが帰国後に何日も……自律神経失調症かも?
時差ボケが帰国後に何日も続く。このつらい経験を何度もされている方も多いことでしょう。この時差ボケですが、場合によっては自律神経失調症の原因になることもあるようです。今回は、時差ボケと自律神経失調症の関係についてお伝えします。
子供と海外に!時差ボケ対策は睡眠リズムの調整が効く
子供と海外に行く場合、親が子供の時差ボケ対策を考える必要があります。このとき最も重要視したいのが睡眠のリズム。今回は、子供の時差ボケ対策として睡眠リズムの調整方法をお伝えします。