時差ぼけで体調不良?こんな症状があります

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ぼけで体調不良?こんな症状があります

時差ボケになると、様々な体調不良に悩まされますよね。頭痛、吐き気、睡眠障害など、その症状は本当に様々です。

 

体調不良

 

睡眠障害について

 

時差ボケによって最も生じやすい症状は睡眠障害です。正式名称は概日リズム睡眠障害という名前の症状です。

 

睡眠のリズムがくるってしまい、夜に眠って朝に起きるということが出来なくなってしまいます。

 

胃腸障害について

 

地味に多い時差ボケの症状に、胃腸障害があります。胃腸障害の原因となるのが腸内のバクテリア。

 

時差による体力の消耗が、腸内の細菌にも起こるという研究結果があります。この消耗の結果、最終的に残るのは肥満や質病の原因となる細菌と言われています。

 

細菌が体に良くない物だけ残るため、胃腸障害が生じます。

 

腸内環境を整えるのに、数週間が必要とされており、時差ボケの胃腸障害にはしばらく悩むことになります。

 

吐き気や頭痛について

 

吐き気や頭痛は、時差ぼけの原因である体内時計の乱れが原因であるというイメージが強いですよね。ですが、旅先での疲れが原因であることも多くあります。

 

ですから時差ボケが原因と思われる吐き気や頭痛が出た場合は、体内リズムの調整だけでなく疲労回復も行う必要があります。

 

終わりに

 

様々な体調不良が生じる時差ボケ。体調不良の原因も、体内時計の乱れ以外に疲労など色々と存在します。

 

ですから、ご自分の症状を見極めて最もふさわしい時差ボケの治療方法を選択する必要があるのが厄介ですよね。

関連ページ

時差ボケで頭痛 解消方法は断食と日光にあり!
時差ボケで頭痛が生じたと感じた場合、実は複数の要因が絡んでいたという場合がほとんどです。このため、時差ボケの解消だけでなく体を休めるなども必要となってきますので、注意が必要ですよ。
時差ぼけの吐き気!治し方は安静が基本だけど具体的には?
時差ぼけの症状に吐き気があります。この吐き気を治すには安静が基本となりますが、具体的にはどのような事を行えば良いのでしょうか?今回は時差ぼけが原因の吐き気の治し方についてお伝えします。
時差ぼけで夜中に目が覚める?なら、呼吸に注目だ!
時差ぼけで夜中に目が覚めてしまうと、大概は翌朝まで眠れませんよね。眠れないと翌朝が心配になって焦ってしまいます。このようなとき呼吸に注目しましょう。眠れなくても体を深く休める方法があるからです。
時差ボケでずっと眠い!辛い眠気の乗り越え方
時差ボケになると、日中も眠い状態が続きますよね。ついウトウトしてしまいがちですが、仕事にも差し支えますし何とかしたいところです。今回は、時差ボケでずっと眠い場合の、眠気の乗り越え方をお伝えします。
時差ボケで帰国後に眠れない!その時、行いたいのは?
帰国後、時差ボケになって眠れない。このような場合は、どのように夜を過ごせば良いのでしょうか?今回は帰国後に眠れないとき、どのように夜を過ごせば良いのかをお伝えします。
時差ボケの症状で吐き気が強く出たら?こんな食べ物を!
時差ボケの症状の一つに吐き気があります。この吐き気を改善するには、食べ物を口にする方法があります。このとき、吐き気を改善する場合は、固形物だと辛いので飲み物という形で口にすることになります。
時差ボケで下痢が止まらない!それって旅行者下痢症かも?
時差ボケが原因と思われる症状の一つに下痢があります。この下痢ですが、なかなか改善しない場合は、旅行者下痢症を疑った方が良いかもしれません。この旅行者下痢症は死亡される方もいるので、注意が必要となります。
時差ぼけで夜眠れないのなら、開き直るのも手!
時差ぼけになると、夜に眠れないという事がありますよね。このような時には、無理に眠ろうとせずに開き直って起きているのも一つの手です。もちろん、翌日に疲れを残さない過ごし方をするという条件はつきますが。
時差ボケの症状 頭痛が出た日はコノ方法で乗り切れ!
時差ボケが原因だと思われる症状に頭痛があります。この頭痛は、旅先での疲れが原因であることも考えられるので、時差ボケの解消と共に疲れを癒すことも改善には必要となります。今回は、頭痛の痛みを和らげる方法について記事にしてみました。