時差ボケでずっと眠い!辛い眠気の乗り越え方

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケでずっと眠い!辛い眠気の乗り越え方

時差ボケになると、昼間であってもずっと眠いですよね。仕事にも差し支えますし、この眠気は早めに何とかしたいものです。

 

この時差ボケでずっと眠い状態ですが、基本となるのは本来眠る時間まで起きている事です。この点で問題となるのが、どのようにすれば本来眠れる時間まで置き低られるのかという部分です。

 

ずっと眠い

 

時差ボケでずっと眠い場合に起きている方法

 

時差ボケでずっと眠い──ですが、中途半端な時間に眠ると夜眠れなくなります。ですから、日中に眠るのはなるべく避けたいところですよね。

 

時差ボケの解消は基本的には、早朝に日光を浴びることで調整するのが良いとされています。また、食事を適切な時間に摂るのも重要だとされています。

 

これらを行いながら、以下のような方法を実践して夜まで起きているようにしましょう。

 

日中の眠気を覚ますために
  • テンションが高くなる音楽を聴く
  • 目薬をさす
  • 苦しくなるまで息を止める
  • ストレッチを行う
  • 顔や腕を冷たい水で洗う
  • 首を冷やす
  • カフェイン入りの飲み物を口にする
  • ガムを食べて脳を刺激する
  • スマホで遊ぶ

 

この中で、特に有効なのがスマホで遊ぶことです。

 

スマホの画面からはブルーライトという光が出ているのですが、この光は脳を覚醒させる働きがあります。このブルーライトを目にしながらゲームをすれば眠気が覚めやすいですよ。

 

終わりに

 

時差ボケで大変なのが、ずっと眠い状態。この眠気に負けて日中に眠ってしまうと、夜に眠れなくなり生活リズムが狂うキッカケになってしまいます。

 

ですから、生活リズムを守るためにも、日中の睡眠は我慢をしましょう。

関連ページ

時差ボケで頭痛 解消方法は断食と日光にあり!
時差ボケで頭痛が生じたと感じた場合、実は複数の要因が絡んでいたという場合がほとんどです。このため、時差ボケの解消だけでなく体を休めるなども必要となってきますので、注意が必要ですよ。
時差ぼけの吐き気!治し方は安静が基本だけど具体的には?
時差ぼけの症状に吐き気があります。この吐き気を治すには安静が基本となりますが、具体的にはどのような事を行えば良いのでしょうか?今回は時差ぼけが原因の吐き気の治し方についてお伝えします。
時差ぼけで夜中に目が覚める?なら、呼吸に注目だ!
時差ぼけで夜中に目が覚めてしまうと、大概は翌朝まで眠れませんよね。眠れないと翌朝が心配になって焦ってしまいます。このようなとき呼吸に注目しましょう。眠れなくても体を深く休める方法があるからです。
時差ボケで帰国後に眠れない!その時、行いたいのは?
帰国後、時差ボケになって眠れない。このような場合は、どのように夜を過ごせば良いのでしょうか?今回は帰国後に眠れないとき、どのように夜を過ごせば良いのかをお伝えします。
時差ぼけで体調不良?こんな症状があります
帰国後、時差ボケになってしまうことがあります。色々な症状が出る時差ボケ。なかなか治らず症状が続くと、日常生活にも支障が出ます。当サイトでは、そんな時差ボケに関する情報をお伝えしております。時差ボケにお悩みの方はぜひご活用なされて下さい。
時差ボケの症状で吐き気が強く出たら?こんな食べ物を!
時差ボケの症状の一つに吐き気があります。この吐き気を改善するには、食べ物を口にする方法があります。このとき、吐き気を改善する場合は、固形物だと辛いので飲み物という形で口にすることになります。
時差ボケで下痢が止まらない!それって旅行者下痢症かも?
時差ボケが原因と思われる症状の一つに下痢があります。この下痢ですが、なかなか改善しない場合は、旅行者下痢症を疑った方が良いかもしれません。この旅行者下痢症は死亡される方もいるので、注意が必要となります。
時差ぼけで夜眠れないのなら、開き直るのも手!
時差ぼけになると、夜に眠れないという事がありますよね。このような時には、無理に眠ろうとせずに開き直って起きているのも一つの手です。もちろん、翌日に疲れを残さない過ごし方をするという条件はつきますが。
時差ボケの症状 頭痛が出た日はコノ方法で乗り切れ!
時差ボケが原因だと思われる症状に頭痛があります。この頭痛は、旅先での疲れが原因であることも考えられるので、時差ボケの解消と共に疲れを癒すことも改善には必要となります。今回は、頭痛の痛みを和らげる方法について記事にしてみました。