時差ボケと薬

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケと薬記事一覧

眠時間の調整というのは、時差ボケ対策には重要ですよね、ですが飛行機内で睡眠薬を飲むのは危険で、エコノミー症候群の原因になることがあります。睡眠薬の服用はエコノミー症候群のもと睡眠薬を飛行機に乗っているときに飲むことは、エコノミー症候群のリスクを上げる原因になります。ですから時差ボケを考えて、睡眠薬で眠る時間の調整を──と、いうのは飛行機内で行う事が出来ないということです。エコノミー症候群のリスクを...

時差ボケで、どうしても眠れないときに使う睡眠薬。この睡眠薬ですが、市販の物と病院の物とがあります。これらには、どのような違いがあるのでしょうか?市販の睡眠薬時差ボケには、市販の睡眠薬を使うという方が多いと思います。この市販の睡眠薬ですが、実は睡眠改善薬という名前であることに気付いていますか?名前が違うため、病院で処方される睡眠薬とは別の物として扱われています。睡眠効果はあるけど、危険性は高くないと...

海外旅行につきものなのが時差ボケ。どうしても眠れないとき、睡眠薬を使う事も考えますよね。病院で処方された物を正しく使うであれば、大きな悪影響はないハズです。一方で市販の睡眠薬は、自分の体質に合っている物なのか判別が難しいですから、使用には慎重になった方が良いでしょう。ですが時差ぼけでの睡眠薬の使用は、日中に太陽の光を浴びるなど時差ぼけ改善の取り組みを行っていることを前提にしましょう。時差ぼけを残し...

時差ボケの症状の一つである頭痛。薬を使って、頭痛の症状を一時的に和らげることは可能です。しかし、時差ボケが原因と思われる頭痛というのは、じっさいは旅疲れが原因であることも多いため頭痛薬を過信するわけにはいきません。ですから頭痛薬で一時的に頭の痛みを退けたとしても、旅疲れを癒すなどの措置も必要となってくる点には注意をしましょう。頭痛の原因となる時差ボケと旅疲れを癒す!時差ボケが原因で頭痛になった!こ...

時差ボケにならない人がいます。彼らに共通しているのは、飛行機内での過ごし方です。飛行機内では眠らない現地に着くのが早朝の場合は眠って、現地の時間に合わせます。ですが、現地の到着時間が昼であったり、飛行機内で眠ると睡眠時間が現地とずれてしまう場合は眠らないようにしましょう。飛行機内で眠らないためには、根性が必要です。特に機内食を食べ終わったら、機内が暗くされますよね。この時が勝負どころですよ。ヨーロ...