睡眠導入剤と睡眠薬の違い 市販品と病院とではヤッパ違う!

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

睡眠導入剤と睡眠薬の違い 市販品と病院とではヤッパ違う!

眠時間の調整というのは、時差ボケ対策には重要ですよね、ですが飛行機内で睡眠薬を飲むのは危険で、エコノミー症候群の原因になることがあります。

 

睡眠導入剤

 

睡眠薬の服用はエコノミー症候群のもと

 

睡眠薬を飛行機に乗っているときに飲むことは、エコノミー症候群のリスクを上げる原因になります。ですから時差ボケを考えて、睡眠薬で眠る時間の調整を──と、いうのは飛行機内で行う事が出来ないということです。

 

エコノミー症候群のリスクを睡眠薬が高める原因

 

エコノミー症候群は、飛行機内に同じ体勢でいる事で起こります。飛行機内は、酸素濃度や湿度が低い傾向にあります。10時間で1Lの水分が、体から失われるとすら言われています。

 

時差ボケの為に睡眠薬を飲むと、同じ姿勢のまま長時間座っている事になりかねません。

 

睡眠薬はアルコールと一緒にむな!

 

睡眠薬は、絶対にアルコールと一緒に飲んではいけません。これは飛行機上の場合だけでなく、地上でも同じことが言えます。ですから時差ボケの為だからと言って、家でもアルコールで睡眠薬を飲むわけにはいかないということです。

 

アルコールと睡眠薬を一緒に飲むと、副作用や睡眠効果が強く出過ぎることがあります。副作用として、一時的に記憶がとんだり緊張感が高まるなどが挙げられます。

 

終わりに

 

飛行機内での睡眠薬の使用は、エコノミー症候群のリスクを高めるので避けましょう。

 

この点と共に、国によっては睡眠薬が取り締まりの対象となることがあります。ですから処方薬の場合は、主治医から英文証明書を受け取ってから海外に持っていくようにしましょう。

関連ページ

時差ボケと睡眠薬 市販品と病院の物とでは違いがあるの?
時差ぼけで切り札とも言える睡眠薬。この睡眠薬は、市販されている物と病院で処方される物とがあります。これらの間には、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、そんな睡眠薬の情報をお伝えします。
海外旅行で時差ぼけに!睡眠薬は病院で処方してもらえる?
海外旅行に行くと、時差ぼけに悩む事になる場合があります。このようなとき、切り札として使うのが睡眠薬。この睡眠薬は市販の物と病院の物とがあります。今回は、時差ぼけのとき病院で睡眠薬を処方してもらえるのかをお伝えします。
時差ボケには頭痛薬が役立つ!でも旅疲れの癒しが1番大切?
時差ボケが原因だと思われる頭痛。この頭痛の症状を和らげるために頭痛薬を飲むこともあります。頭痛があっては日常生活に支障が出ますから、正しい判断と言えるでしょう。しかし旅疲れを癒さないと、ずっと頭痛薬が手放せなくなってしまうかもしれませんよ。
時差ボケにならない人の特徴は?飛行機内で寝ていないだけ?
時差ボケにならない方がいらっしゃいます。一見すると体質だと感じる面も多々ありますが、実は飛行機内で眠らないことを徹底しているなど、見えない場所で努力をしている事があります。今回は、飛行機内で眠らない事の効用についてお伝えします。