海外旅行で時差ぼけに!睡眠薬は病院で処方してもらえる?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

海外旅行で時差ぼけに!睡眠薬は病院で処方してもらえる?

海外旅行につきものなのが時差ボケ。どうしても眠れないとき、睡眠薬を使う事も考えますよね。

 

病院で処方された物を正しく使うであれば、大きな悪影響はないハズです。一方で市販の睡眠薬は、自分の体質に合っている物なのか判別が難しいですから、使用には慎重になった方が良いでしょう。

 

ですが時差ぼけでの睡眠薬の使用は、日中に太陽の光を浴びるなど時差ぼけ改善の取り組みを行っていることを前提にしましょう。時差ぼけを残したままでは、いつまでも睡眠薬を飲み続けるハメになりかねませんから。

 

なお、市販の睡眠薬は正確には睡眠導入剤という名前で、一般的な病院で処方される睡眠薬とは違うものだと区分されています。

 

睡眠導入剤と睡眠薬の違い 市販品と病院とではヤッパ違う!

 

睡眠薬

 

時差ぼけの為に睡眠薬は処方してもらえる?

 

時差ぼけの為に、睡眠薬を病院で処方してもらうことは可能です。精神科でなくても内科や産婦人科でも、睡眠薬は処方してもらえます。

 

この睡眠薬ですが、海外によっては持ち込み禁止の場合もあります。ですから海外旅行に行く前に、時差ぼけ対策に使う場合は、医師と予め相談しておいた方が良いですよ。

 

精神科で処方してもらう場合

 

精神科や心療内科で睡眠薬を処方してもらう場合は、早めに電話をする必要があります。

 

なぜなら、新規患者の待ちがあるため1ヶ月ほど待つ必要がある場合も多いからです。

 

終わりに

 

睡眠薬は、時差ぼけの場合でも病院で処方してもらえます。

 

ですが、太陽の光に当たるなど時差ぼけを改善することを前提に睡眠薬を使わなければ、いつまでも使い続けることになりかねません。

 

時差ぼけを解消する習慣の実践と共に、睡眠薬は活用しましょう。

関連ページ

睡眠導入剤と睡眠薬の違い 市販品と病院とではヤッパ違う!
睡眠導入剤と睡眠薬。名前が似ているため、同じものだと錯覚しがちですが実は違うものです。市販されているかどうかの違いだけでなく、効果の面なども違います。ですから、この違いについてしっかりと把握しておいた方が良いでしょう。
時差ボケと睡眠薬 市販品と病院の物とでは違いがあるの?
時差ぼけで切り札とも言える睡眠薬。この睡眠薬は、市販されている物と病院で処方される物とがあります。これらの間には、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、そんな睡眠薬の情報をお伝えします。
時差ボケには頭痛薬が役立つ!でも旅疲れの癒しが1番大切?
時差ボケが原因だと思われる頭痛。この頭痛の症状を和らげるために頭痛薬を飲むこともあります。頭痛があっては日常生活に支障が出ますから、正しい判断と言えるでしょう。しかし旅疲れを癒さないと、ずっと頭痛薬が手放せなくなってしまうかもしれませんよ。
時差ボケにならない人の特徴は?飛行機内で寝ていないだけ?
時差ボケにならない方がいらっしゃいます。一見すると体質だと感じる面も多々ありますが、実は飛行機内で眠らないことを徹底しているなど、見えない場所で努力をしている事があります。今回は、飛行機内で眠らない事の効用についてお伝えします。