時差ボケには頭痛薬が役立つ!でも旅疲れの癒しが1番大切?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケには頭痛薬が役立つ!でも旅疲れの癒しが1番大切?

時差ボケの症状の一つである頭痛。薬を使って、頭痛の症状を一時的に和らげることは可能です。

 

しかし、時差ボケが原因と思われる頭痛というのは、じっさいは旅疲れが原因であることも多いため頭痛薬を過信するわけにはいきません。

 

ですから頭痛薬で一時的に頭の痛みを退けたとしても、旅疲れを癒すなどの措置も必要となってくる点には注意をしましょう。

 

頭痛薬

 

頭痛の原因となる時差ボケと旅疲れを癒す!

 

時差ボケが原因で頭痛になった!このような時には、頭痛薬を飲むんで症状を一時的に和らげる事も大切です。

 

しかし旅疲れを癒すことも同時に行いましょう。

 

旅疲れの原因:胃腸の疲れ

 

海外に行くと、様々な料理を食べたくなります。このため帰国後に胃腸の疲れが出ることが多くあります。

 

帰国後に出た場合は、お粥などの噛まずに飲めるほど消化に良い物を食べるようにしましょう。また、無理に食事をすると胃腸への負担になる事もあるので、3食キッチリ食べることにこだわらない方が良いですよ。

 

胃腸の疲れを防ぐには?

 

もし、胃腸の疲れを防ぎたいのなら旅行前に胃腸薬を用意しましょう。

 

胃酸の出過ぎを抑えるH2ブロッカーや制酸薬タイプが良いと思います。ですが、どの胃腸薬が自分に合っているのか分からない場合は、総合胃腸薬でも大丈夫です。

 

旅疲れの原因:精神的ストレス

 

他国に行くと、環境の違いや言語の違いなどで意識しないうちに精神的な疲れが溜まるものです。

 

このため、肉体的なストレス(疲れ)を癒すだけでなく精神的なストレスのケアも大切になります。出来ることなら、帰国後は精神的なストレスを癒すために1日でも良いので1人で過ごす時間を作って下さい。

 

頭痛でそれ所ではないかもしれませんが、その時はアロマを焚くなどして仕事のことやら何も考えないようにしながら、ゆっくり過ごすようにしましょう。

 

時差ボケ対策として、早朝の日光を浴びるなどは行いながら、その他の時間は優雅にくつろぎながら過ごしましょうね。

 

旅疲れの原因:移動の疲れ

 

実際に車を運転していない方の場合は、休憩時間とも感じられる移動する時間。ですが、同じ姿勢でずっといるためジワジワと体に疲れが溜まっていきます。

 

この疲れは、帰国後などにストレッチをするなどして体をほぐすことで解消しましょう。

 

頭痛が出ている場合は、激しい運動はキツイと思うので無理をしない程度に運動を行いましょう。

 

旅疲れの原因:睡眠不足

 

海外で寝泊まりすると、慣れない環境であることや海外にいるという興奮から眠りが浅くなりがちです。これって思いっきり時差ボケの原因になるのが分かりますよね。

 

帰国後は、朝の日差しを受けて体内時計を調節。そして、夜眠る時間を日本で過ごしてきた通りにしましょう。

 

睡眠不足に関しては、普通の時差ボケ対策を行うしかありません。

 

終わりに

 

時差ボケが原因だと思われる頭痛。この頭痛に対して薬を使う場合、あくまで薬は一時的な対処方法であることに注意をしましょう。

 

そして薬を使うとともに、旅疲れや時差ボケの解消を行う事もお忘れなく。

関連ページ

睡眠導入剤と睡眠薬の違い 市販品と病院とではヤッパ違う!
睡眠導入剤と睡眠薬。名前が似ているため、同じものだと錯覚しがちですが実は違うものです。市販されているかどうかの違いだけでなく、効果の面なども違います。ですから、この違いについてしっかりと把握しておいた方が良いでしょう。
時差ボケと睡眠薬 市販品と病院の物とでは違いがあるの?
時差ぼけで切り札とも言える睡眠薬。この睡眠薬は、市販されている物と病院で処方される物とがあります。これらの間には、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、そんな睡眠薬の情報をお伝えします。
海外旅行で時差ぼけに!睡眠薬は病院で処方してもらえる?
海外旅行に行くと、時差ぼけに悩む事になる場合があります。このようなとき、切り札として使うのが睡眠薬。この睡眠薬は市販の物と病院の物とがあります。今回は、時差ぼけのとき病院で睡眠薬を処方してもらえるのかをお伝えします。
時差ボケにならない人の特徴は?飛行機内で寝ていないだけ?
時差ボケにならない方がいらっしゃいます。一見すると体質だと感じる面も多々ありますが、実は飛行機内で眠らないことを徹底しているなど、見えない場所で努力をしている事があります。今回は、飛行機内で眠らない事の効用についてお伝えします。