時差ボケ対策

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケ対策記事一覧

ハワイに行くとき、機内食を食べないと色々なメリットがあります。睡眠時間の調整、生活リズムが狂うタイミングの食事を避けられる、といったメリットがあります。これらは、時差ボケを避けるという意味でも重要な事ですよね。メリット:睡眠時間の調整海外での時差ボケというのは、睡眠時間がおかしくなる事をキッカケになることが多いですよね。ハワイに飛行機で向かう時というのは、基本的に日本を夜に出発することになります。...

時差ぼけ対策として行う事は、行く国によって違ってきます。今回は、イギリスに行く場合、どんな時差ぼけ対策を行えば良いのかをお伝えします。イギリスと日本の時差時差が大きいほど、時差ぼけになりやすくなります。ですから、イギリスと日本の時差について知っておくことも時差ボケ対策には大切な事となりまs。イギリスと日本とでは、夏時間であれば8時間の時差、冬時間であれば9時間の時差があります。日本の方が時間が先で...

時差ぼけ対策を考える場合、国ごとに違う日本との時差を考える必要があります。ですからイタリアの時差ボケ対策を行うのであれば、まずは日本とイタリアの時差について知っておく必要があるという事です。とは言っても、日本とイタリアの時差ボケは、症状がそれ程ひどくはならないので神経質にならなくても良いという考えもありますが──。イタリアと日本の時差日本が早朝の場合、イタリアは夜です。これは時差が7時間〜8時間と...

時差ぼけ対策を考えて、飛行機内で徹夜をする方もいらっしゃいますよね。徹夜が良いかどうかよりも、旅先で適切な時間に眠れるかどうかの方が大切です。適切な時間というのは、21:00や22:00といった睡眠するのに適した時間の事を指します。徹夜は適切な時間に眠るために時差ボケ対策として徹夜するかどうかの判断は、飛行機を降りてからを考えて決めるようにしましょう。飛行機内で熟睡して降りたのが20:00とかだと...

スペインと日本の時差ボケは8時間です。ただ、サマータイム制度を実施しているため、この時期は時差が異なります。サマータイム制度というのは、3月の最終ビチ曜日〜10月の最終日曜日までの期間の事です。この期間中は、標準時間よりも1時間進みます。よって日本との時差が、サマータイムには7時間となります。スペインの時差ボケ対策スペインの時差ボケ対策は、出発前、飛行機に乗っている最中、スペイン出発前出発前には、...