ハワイ!機内食を食べないと2つの時差ボケ対策になる?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

ハワイ!機内食を食べないと2つの時差ボケ対策になる?

ハワイに行くとき、機内食を食べないと色々なメリットがあります。睡眠時間の調整、生活リズムが狂うタイミングの食事を避けられる、といったメリットがあります。

 

これらは、時差ボケを避けるという意味でも重要な事ですよね。

 

メリット:睡眠時間の調整

 

海外での時差ボケというのは、睡眠時間がおかしくなる事をキッカケになることが多いですよね。

 

ハワイに飛行機で向かう時というのは、基本的に日本を夜に出発することになります。夜に出発して、午前中に着きます。

 

ですから飛行機内でしっかりと眠っておかないと、徹夜明けのような状態となっています。

 

メリット:生活リズムが狂うタイミングの食事を避けられる

 

旅疲れの原因の一つに胃腸の疲れがあります。旅先で珍しい物を食べ過ぎてしまうというのも原因ですが、眠る時間のズレなどを考慮せず変なタイミングで食事をしてしまうのも問題となります。

 

一般的にエコノミークラスの席であれば、日本での通常の夕飯の時間よりも少し遅いタイミングに食事をすることになります。

 

これって、けっこう胃にきますよ。

 

旅疲れというのは、時差ボケになったときに症状を更に酷くさせる可能性があるので、胃腸への負担は避けた方が良いと考えられます。

 

終わりに

 

機内食を食べないともったいない気もします。ですが時差ボケで苦しむよりもは、マシなのではないでしょうか?

 

ですがお腹が空く心配もあります。この対策としては、空港内のレストランで食事をとっておく、機内にサンドイッチを持ちこむなどが考えられます。

 

機内食も旅の楽しみかもしれません。ですが食べるかどうかは、時差ボケの苦しみと天秤にかけて──と、いうことになるのではないでしょうか?

関連ページ

時差ぼけ対策!イギリスに行くのなら飛行機内はこう過ごせ
仕事であれ旅行であれ、時差ぼけというのは海外に行くのであれば大きな悩みになります。ですが飛行機内での過ごし方を工夫をすれば、時差ぼけになる可能性は大きく低下します。今回はイギリスに行く場合、飛行機内でどう過ごせば良いのかをお伝えします。
時差ボケ対策!イタリアは神経質にならんでもええで
時差ボケは、大きな悩みです。行った先で時差ボケになれば海外を楽しんだり、向こうでやる事を邪魔します。帰国後に時差ボケになれば、日常生活の邪魔になります。今回は、イタリアの時差ボケについてお伝えします。
時差ボケ対策 徹夜は肯か否か?判断の基準は夜にある!
時差ボケ対策として時には徹夜が必要な時もあります。ですが、徹夜を絶対にしてはいけない日もあります。では、徹夜をするべきかどうかを判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか?今回は時差ぼけ対策として徹夜をするかどうか、判断のポイントをお伝えします。
スペインの時差ボケを防ぐコツは?
スペインに行ったときに起こりうる時差ボケ。コレを防ぐにはどのような事をすれば良いのでしょうか?今回は、スペインに行ったときの時差ボケをどのように回避するのかをお伝えします。