時差ぼけ対策!イギリスに行くのなら飛行機内はこう過ごせ

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ぼけ対策!イギリスに行くのなら飛行機内はこう過ごせ

時差ぼけ対策として行う事は、行く国によって違ってきます。今回は、イギリスに行く場合、どんな時差ぼけ対策を行えば良いのかをお伝えします。

 

イギリス

 

イギリスと日本の時差

 

時差が大きいほど、時差ぼけになりやすくなります。ですから、イギリスと日本の時差について知っておくことも時差ボケ対策には大切な事となりまs。

 

イギリスと日本とでは、夏時間であれば8時間の時差、冬時間であれば9時間の時差があります。

 

日本の方が時間が先ですから、日本時間からマイナス8時間すればイギリスの時間になるという事になります。

 

イギリス出発前の対策

 

時差ぼけ対策は、イギリスに出発する3日前から始めることになります。

 

イギリスに向かう3日前から、睡眠時間や食事の時間をイギリスに合わせるようにしましょう。

 

もっとも食事はともかく、睡眠時間の調整は少し難しいかもしれませんが──。

 

イギリス行きの飛行機内にての対策

 

日本とイギリスの時差は、8時間〜9時間です。しかし飛行機は12時間半乗り続けることで、イギリスに到着します。

 

ですから、飛行機内で体内時計をイギリスのリズムに調整する工夫を行う必要があります。

 

事前準備

 

まずは、到着する現地時間から飛行時間を逆算しておきましょう。

 

そして飛行機内で現地時間に合わせて、生活リズムを調整するのですが、このとき自分の腕時計を現地時間に合わせておくと楽ですよ。

 

できるだけ眠る

 

イギリスの現地時間で食事の時間帯に出てきた食事は食べても大丈夫です。 ですが、イギリスで本来眠っている時間に現地に到着するようであれば、睡眠を優先させて体内時計を調整しておきましょう。

 

飛行機内では、イギリスでの生活リズムを基準に考えて過ごすことが大切なのです。

 

機内食について

 

機内食でフライトの後半に出る物は、イギリスの食事時間に合わせている場合が多いです。

 

もちろん航空会社による違いもありますが、もしイギリスの食事時間に合わせて在るのなら、食欲がなくてもある程度は口にした方が良いでしょう。

 

食事も、体内時計の調整に役立ちますから時差ぼけ対策になります。

 

飛行機内での服装

 

飛行機内では、快適に過ごせる服装を選びましょう。

 

8時間以上乗り続けるので、キッチリした服装だとかなりキツイですよ。また、騒音対策として耳栓を用意した方が良いかもしれません。

 

終わりに

 

イギリスに向かう機内でどう過ごすかが、時差ぼけ対策として大切な点となります。

 

乗る飛行機の時間によっては、根性で起きていなければならないので覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

関連ページ

ハワイ!機内食を食べないと2つの時差ボケ対策になる?
ハワイに行くとき、機内食を食べない事には2つの時差ボケ対策になるというメリットがあります。機内食も旅の楽しみかもしれませんが、時差ボケの苦しみを避けられる可能性を考えると──。
時差ボケ対策!イタリアは神経質にならんでもええで
時差ボケは、大きな悩みです。行った先で時差ボケになれば海外を楽しんだり、向こうでやる事を邪魔します。帰国後に時差ボケになれば、日常生活の邪魔になります。今回は、イタリアの時差ボケについてお伝えします。
時差ボケ対策 徹夜は肯か否か?判断の基準は夜にある!
時差ボケ対策として時には徹夜が必要な時もあります。ですが、徹夜を絶対にしてはいけない日もあります。では、徹夜をするべきかどうかを判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか?今回は時差ぼけ対策として徹夜をするかどうか、判断のポイントをお伝えします。
スペインの時差ボケを防ぐコツは?
スペインに行ったときに起こりうる時差ボケ。コレを防ぐにはどのような事をすれば良いのでしょうか?今回は、スペインに行ったときの時差ボケをどのように回避するのかをお伝えします。