時差ボケ対策!イタリアは神経質にならんでもええで

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ボケ対策!イタリアは神経質にならんでもええで

時差ぼけ対策を考える場合、国ごとに違う日本との時差を考える必要があります。ですからイタリアの時差ボケ対策を行うのであれば、まずは日本とイタリアの時差について知っておく必要があるという事です。

 

とは言っても、日本とイタリアの時差ボケは、症状がそれ程ひどくはならないので神経質にならなくても良いという考えもありますが──。

 

イタリア

 

イタリアと日本の時差

 

日本が早朝の場合、イタリアは夜です。これは時差が7時間〜8時間となりなす。具体的には午後15時に出れば、イタリアには22時か23時です。

 

なお、フライト時間は12時間です。

 

時差ぼけ対策のために

 

時差ボケ対策を行うのであれば、行く国の時間に合わせて眠るのと食事をするのは基本です。

 

生活リズムの調整は、2〜3日前から行うのが一番良いのですが難しいですよね。ですから飛行機内での過ごし方のみで、生活リズムの調整を行います。

 

飛行機に乗るとき、腕時計の時間をイタリアの物に調整すると生活リズムを調整しやすいですよ。

 

飛行機内で眠るべきかどうか?

 

イタリアに到着するのが、いつ頃になるかによって飛行機内で眠るかどうかは決まってきます。

 

イタリアに到着するのが朝であるのなら、眠っても大丈夫です。しかし、昼や夜であれば眠らない方が良いでしょう。

 

到着する日のスケジュールには余裕を

 

飛行機内で上手に生活リズムの調整が出来なかった!この場合、体内時計の調整が出来ていませんよね。

 

このような状況になった時の為に、到着日のスケジュールには余裕を持たせておきたいものです。

 

午前中に、タップリと太陽光を浴びるなど出来ますからね。

 

イタリアに到着する日の予定に余裕を持たせておけば、完全に体内時計を調整するのは難しくとも、マシな状態に持っていくことは出来ます。

 

イタリアの時差ボケの特徴

 

イタリアの時差ボケは、比較的穏やかです。21時ころという少し早め程度の時間に眠くなって、5時ころという早朝に目が覚める程度です。

 

ですから、それ程神経質にならなくても良いのが、イタリアの時差ボケの特徴とも言えます。

 

もちろん、時差ぼけ対策を行わないと後悔する事に変わりはないのですが──。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ハワイ!機内食を食べないと2つの時差ボケ対策になる?
ハワイに行くとき、機内食を食べない事には2つの時差ボケ対策になるというメリットがあります。機内食も旅の楽しみかもしれませんが、時差ボケの苦しみを避けられる可能性を考えると──。
時差ぼけ対策!イギリスに行くのなら飛行機内はこう過ごせ
仕事であれ旅行であれ、時差ぼけというのは海外に行くのであれば大きな悩みになります。ですが飛行機内での過ごし方を工夫をすれば、時差ぼけになる可能性は大きく低下します。今回はイギリスに行く場合、飛行機内でどう過ごせば良いのかをお伝えします。
時差ボケ対策 徹夜は肯か否か?判断の基準は夜にある!
時差ボケ対策として時には徹夜が必要な時もあります。ですが、徹夜を絶対にしてはいけない日もあります。では、徹夜をするべきかどうかを判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか?今回は時差ぼけ対策として徹夜をするかどうか、判断のポイントをお伝えします。
スペインの時差ボケを防ぐコツは?
スペインに行ったときに起こりうる時差ボケ。コレを防ぐにはどのような事をすれば良いのでしょうか?今回は、スペインに行ったときの時差ボケをどのように回避するのかをお伝えします。