スペインの時差ボケを防ぐコツは?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

スペインの時差ボケを防ぐコツは?

スペインと日本の時差ボケは8時間です。ただ、サマータイム制度を実施しているため、この時期は時差が異なります。

 

サマータイム制度というのは、3月の最終ビチ曜日〜10月の最終日曜日までの期間の事です。この期間中は、標準時間よりも1時間進みます。

 

よって日本との時差が、サマータイムには7時間となります。

 

スペイン

 

スペインの時差ボケ対策

 

スペインの時差ボケ対策は、出発前、飛行機に乗っている最中、スペイン

 

出発前

 

出発前には、スペインとの時間に合わせて生活をしましょうスペインとの時間に合わせて生活すると、時差ボケを軽減できます。

 

特に、睡眠時間に関してはスペインに合わせて出発前から調整するようにしましょう。

 

飛行機での移動中

 

海外旅行行きの機内では現地時間に合わせて、食事などの機内サービスが提供されます。ですから機内でも現地の時間に合わせることは難しくありません。

 

ですが、スペインの場合は乗り継ぎを行います。このため、睡眠時間の調整が難しいとされています。

 

この問題点をなんとかするためには、機内サービスが行われる時間の前後には灯りがつきます。ですから、このときにリラックスして過ごす事が大切です。

 

また早く眠るのを避けるのなら、機内を少し歩くようにしましょう。

 

逆に眠る必要がある時は、耳栓、アイマスク、スリッパ、ブランケットなどを利用すると眠りやすくなります。

 

乗り継ぎの飛行機について

 

乗り継ぎの飛行機に乗っている時は、機内サービスのタイミングがおかしなことになることが多々あります。

 

ですから、短時間に食事を摂りすぎてしまうこともあるので注意をしましょう。

 

スペインに到着後

 

体内時計の調整は太陽の光を浴びる事で可能です。

 

現地に到着したばかりの朝は、なるべく早く起きるようにしましょう。このとき太陽の光を浴びることで、体内時計をリセットする事が出来ますよ。

 

また、翌日に影響が出る事があります。場合によっては、3日経っても体内時計が調整できない事もありますよ。

 

このような場合は、毎日朝日に浴び続けた方が良いでしょう。

 

終わりに

 

スペインに限らず、時差ボケ対策をする場合には、睡眠時間の調整が肝となります。

 

飛行機に乗る数日前から、スペインでの生活に僅かでも良いので眠る時間を調整しましょう。

関連ページ

ハワイ!機内食を食べないと2つの時差ボケ対策になる?
ハワイに行くとき、機内食を食べない事には2つの時差ボケ対策になるというメリットがあります。機内食も旅の楽しみかもしれませんが、時差ボケの苦しみを避けられる可能性を考えると──。
時差ぼけ対策!イギリスに行くのなら飛行機内はこう過ごせ
仕事であれ旅行であれ、時差ぼけというのは海外に行くのであれば大きな悩みになります。ですが飛行機内での過ごし方を工夫をすれば、時差ぼけになる可能性は大きく低下します。今回はイギリスに行く場合、飛行機内でどう過ごせば良いのかをお伝えします。
時差ボケ対策!イタリアは神経質にならんでもええで
時差ボケは、大きな悩みです。行った先で時差ボケになれば海外を楽しんだり、向こうでやる事を邪魔します。帰国後に時差ボケになれば、日常生活の邪魔になります。今回は、イタリアの時差ボケについてお伝えします。
時差ボケ対策 徹夜は肯か否か?判断の基準は夜にある!
時差ボケ対策として時には徹夜が必要な時もあります。ですが、徹夜を絶対にしてはいけない日もあります。では、徹夜をするべきかどうかを判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか?今回は時差ぼけ対策として徹夜をするかどうか、判断のポイントをお伝えします。