帰国後の時差ぼけ!ヨーロッパ帰りの苦労を解消するには?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

帰国後の時差ぼけ!ヨーロッパ帰りの苦労を解消するには?

時差ボケがヨーロッパからの帰国後に出たのなら、どのように対処をすれば良いのでしょうか?

 

その答えは、本来の日本での生活リズムに、行動を合わせるのを最優先にする事に在ります。

 

時差ボケ

 

ヨーロッパからの帰国後の時差ボケについて

 

西に飛行機で移動する場合は、時差ぼけの症状があまり出ないとされています。

 

逆に飛行機で東に行く場合は、時差ぼけの症状が出やすいとも──。

 

ヨーロッパに行くのは西への移動。一方でヨーロッパから日本に帰るのは東への移動。

 

ですから、ヨーロッパは帰国後の方が時差ボケの症状に悩まされやすいとされています。

 

ヨーロッパから帰国後の時差ボケを解消するには?

 

ヨーロッパからの帰国後に悩まされる時差ボケ。

 

どのように解消するのが良いのかというと、基本となるのは3つ。

 

帰国後の時差ボケ解消の基本
  • 睡眠
  • 食事
  • 日光

 

これらに気を付けることを、どんな行動よりも最優先に考えましょう。

 

帰国後は荷物の整理なんかを行いたくなるのですが、そういった雑務は必要最小限に抑えましょうね。

 

具体的には

 

睡眠については、日本での生活リズムに合わせて眠る事が大切になります。1時間前にお風呂に入って体を温めると、体温が下がる過程で眠気が襲ってきますよ。

 

これは、体温が下がる過程で、人間は眠気を感じる性質があるためです。

 

食事もまた、日本での生活リズムに合わせて食べましょう。

 

日光は、特に朝日に当たる事を心がけて下さい。

 

ヨーロッパからの帰国後の時差ボケの症状を和らげるために

 

帰国後の時差ボケの症状ですが、飛行機での移動中であれば和らげることが可能です。

 

基本となるのは食事。

 

日本での生活リズムに合わせて、日本への到着間際の食事は摂るようにしましょう。

 

あと、アルコールは体内のリズムを狂わせるので極力飲まないようにすると良いですよ。

 

終わりに

 

ヨーロッパからの帰国後の時差ボケの解消。

 

基本としては、日本の生活リズムにどのように体内リズムを合わせるのかが大切になります。

 

帰国後は荷物の整理などを行いたいものですが、それらは緊急を要する物以外は優先順位が低い物だと考えましょう。

 

とにかく帰国後は、食事と眠る時間帯、日光を浴びるタイミングを、本来の日本での生活リズムに合わせるをことを優先するようにしましょうね。