時差ぼけで胃腸障害?原因は難しいけど基本はやはり!

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

時差ぼけで胃腸障害?原因は難しいけど解消の基本はやはり!

時差ボケで胃腸障害が発生した場合、長いと1カ月以上も症状が続くことがあります。

 

もしも早めに時差ボケによる胃腸障害を解消させたい場合、”体の外側の時計と合わせられない原因”と”体の内側にある時計がバラバラに動く原因”の両方を解消する必要がありますよ。

 

時差ボケ

 

時差ボケが原因と思われる胃腸障害

 

時差ボケが原因と思われる胃腸障害は、以下の2つの原因のどちらかが影響を与えているとされています。

 

体の外側の時計と合わせられない原因

 

体の外側の時計と合わせられない原因は、たない時計と生活時間が噛みあっていない状態です。

 

旅行だけでなく、夜勤などのシフト勤務で調子が悪い時なども、これが原因のことがありますよ。

 

体の内側にある時計がバラバラに動く原因

 

体温やホルモン値の高低をつかさどる機能のリズムが、本来の状態と噛みあっていない状態です。

 

例えば眠るときに本来であれば体温が下がるのですが、中々体温が下がらない場合などが、コチラにあたります。

 

結局は時差ボケ解消の基本を厳守

 

時差ボケによって胃腸障害が出た場合、結局は基本的な時差ボケ解消を行うことが重要となります。

 

本来あるべき寝る時間に眠る。朝起きたら朝日を浴びる。本来あるべき食事時間にものを食べる。

 

こういった解消法です。

 

もちろん、胃腸障害の辛さを和らげる工夫を、基本的な時差ボケ解消法と共に行うことも必要になりますが。

関連ページ

ハワイで寝れない!旅行先での眠りを得るポイントは?
帰国後、時差ボケになってしまうことがあります。色々な症状が出る時差ボケ。なかなか治らず症状が続くと、日常生活にも支障が出ます。当サイトでは、そんな時差ボケに関する情報をお伝えしております。時差ボケにお悩みの方はぜひご活用なされて下さい。