ハワイで寝れない!旅行先での眠りを得るポイントは?

光で体内時計を整える

マツコの知らない世界などでも話題

↓ ↓ ↓

ハワイで寝れない!旅行先での眠りを得るポイントは?

ハワイの夜──寝れない!

 

こんなときに試してみたい5つの工夫をお伝えします。

 

寝れない

 

枕の高さを調節する

 

普段使っている枕と違うと、眠るのが大変になるものです。

 

特に高さの調節をしましょう。

 

例えば枕の下にタオルを敷くなどすることで高さは調節できますよ。

 

室温を調整する

 

眠るときに心地よいと感じる室温には個人差があります。

 

ですから実際にエアコンを使いながら、時間を少し欠けて調節していくことになりますが、室温の調整は重要となります。

 

アイマスクを着用する

 

アイマスクは飛行機の中で使うことが多いのですが、ハワイに到着した後も使ってみましょう。

 

特に外灯や月明かりが差し込んでいる場合は、アイマスクを着用するだけで眠りにつけることが多くあります。

 

ロウソクを使ってみる

 

ロウソクのユラユラしたあの感じは、リラックス効果があります。

 

火の始末が少し大変ですが、ロウソクを着けて温かい飲み物をしながら少しの時間を過ごす。

 

その後で眠るようにするのも手です。

 

しばらくゆっくり呼吸をする

 

ゆっくりとした呼吸をしばらく続けて、リラックスるのも手です。

 

このとき、呼吸に意識を集中させるとより深くリラックスできますよ。

 

終わりに

 

ハワイで寝れない時は、とりあえずリラックスしてみましょう。

 

一見すると時差ボケのように思えても、旅行で興奮しているだけということもありますから。

 

また寝れないのなら仕方がないと開き直る事も重要となります。

 

寝れない事がストレスになると、翌日の負担になりますから、被害を最小限に抑えるためにも開き直りも大切になってきますよ。

関連ページ

時差ぼけで胃腸障害?原因は難しいけど解消の基本はやはり!
帰国後、時差ボケになってしまうことがあります。色々な症状が出る時差ボケ。なかなか治らず症状が続くと、日常生活にも支障が出ます。当サイトでは、そんな時差ボケに関する情報をお伝えしております。時差ボケにお悩みの方はぜひご活用なされて下さい。